形成外科診療案内
 
 
形成外科診療
形成外科一般(できもの・けが・傷跡)、及び美容外科診療を行います。
より高度な検査・治療が必要な場合には適切な高次医療機関へご紹介いたします。

●一般外傷
外傷とは、外力(機械的、物理的、化学的)により生じた組織・臓器の損傷のことです。形成外科では、顔面、手足などはもとより全身の外傷処置を行います。

●傷跡
当院ではキズやケロイドの診療、および治療を行っております。

●巻き爪
巻き爪(陥入爪)は様々な要因から爪が巻き込みをおこし、しばしば痛みを伴う状態となります。主に投薬治療か、巻き爪手術(保険診療)にて対応させて頂きます。

●顔面骨骨折
顔面骨骨折診断のため、レントゲン検査を行うことが出来ます。基本的に顔面骨骨折がある場合は全身麻酔下にて手術整復する場合が多いので、その際は高次医療機関への紹介を行わせて頂きます。

●床ずれ(褥瘡、難治性潰瘍)
褥瘡とは身体の骨突出部で皮膚や皮下の組織が自分の体の重さで圧迫され局所の血流が遮断され、その部位の組織が壊死に陥り、皮膚潰瘍を生じたもので、進行したものでは骨組織が露出し、治りにくいことが特徴的です。
当院では、外用剤及び内服剤治療と併せて、創傷被覆材使用等にて治療をすすめていきます。難治性の場合は、入院治療が必要になる場合もあります。

美容外科治療

●ほくろ・いぼ切除
保険適応外のほくろやいぼを電気的に切除致します(レーザーは設置しておりません)。その他外科的に処置を行う場合もございますので、まずは御来院下さい。


●ピアス
医療用ピアスにて処置致します。
片耳3500円~、両耳5000円~(薬剤代込)
ボディピアス 10000円~

※ピアスは軟骨部には挿入出来ないので、ご注意下さい。
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML  /   RSS
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。